わさつんのひとり言

福島原発の被害者が加害者に変わる時【賠償金の良し悪し】わさつん旅日記2

東日本大震災によって大きな注目を集めた原発。放射能で立ち入り禁止になったから家に住めなくなった人達には東電から賠償金が支払われてます。立ち入り禁止じゃなくなれば打ち切りという話もありますが。

 

被害にあってない僕からしたら「家がなくなってかわいそう」「ちゃんと保証してあげるべき」って感じでした 🙂

 

ただ現地の人たちからするとちょっと考え方が違うみたいです。賠償金に苦しめられてる人もいたんです。

 

あんまり取り上げられることがない「賠償金の金額」や「現地の人の想い」について見たまま聞いたままに書きますね。

 

賠償金の在り方についてのブログです。誰が良い悪いという話ではないことだけはご理解ください。

 

この記事の内容

・東電から出る金額は1人当たり月10万円だった

・風評被害だけを受けた人達がいる

・本当に困っているのは誰なんだろう・・・

 

東電から出る金額は1人当たり月10万円だった

原発から30キロ圏内に住民登録されていた人たちに支払われてる金額は10万円です。4人家族なら月40万円ですね 🙂

 

これは精神的苦痛に対する賠償金だから失業手当や免除になるお金を計算するともっとあったのかもです。

 

問題な部分とは?

賠償金をもらった人達の生活が一変した

 

全員ではないかもですが「朝からスーパーでお寿司をたっぷり買い込んでいる」「パチンコの開店待ちをする行列がすごい」「豪邸や高級車が増えた」なんて声も上がってます。

 

とはいえストレス解消の仕方は人それぞれだから自分のお金を何に使っても悪くないです。原発の被害者ですから 😥

 

ただ賠償金を貰えなかった人達の「妬み」「嫉妬」があるとはいえ、こういう噂が立つのはどうなのかなって感じ。実際に高級住宅街も存在しますからね。

高級住宅街。全てではないけど、豪邸や高級車は多かった・・・

高級住宅街から歩いていける施設

様々な施設が揃ってる

 

風評被害だけを受けた人達がいる

賠償金を貰えたのは原発の近くに住んでいた人達だけだから、津波や地震、風評被害にあった人は賠償金を貰えてないんです。

 

賠償金の悪いところ

風評被害にあった人達をさらに苦しめた

 

言い出したらキリがないんですけどね。特に現地の農家の人は大変だったみたいです。数値に問題なくても福島っていうだけで作った物が売れないから 😥

 

さらに「買い物に行けば賠償金を貰っているであろう人達の買い方が目につく」「住宅街には新しい家が次々に建っていく」こんな状態だったからやるせなかったんじゃないかなって。「妬みもあったけどね」とは言ってたけど。

 

原発設置の時のゆがみ

恩恵を受けた人VS反対した人

 

結果論だけど原発を設置した時、周囲は潤ったみたいです。原発で働けるし、給料もそこそこ貰えたみたいなので。もちろん全員ではないかもだけど。原発の恩恵+賠償金を貰えた人もいれば、原発反対+風評被害だけの人もいるってことです。

 

疑問に感じるところ

被害の大小に関係なく賠償金が支払われている

 

極端に言えば、なにもかも失ってしまったのに微々たるお金しか貰えない人もいれば、ただ引っ越しをするだけで莫大なお金を貰える人がいるってことです。ちょっと言い方が悪いですが。

 

とはいえ精神的に苦痛を感じた人がたくさんいるのが現状だから「誰が悪い」ってことではないです。何も被害のなかった僕にはわからないことだらけなので。

 

ただ被害者だった人達の行動で苦しめられる人達がいるってことは「お金」=「復興」とは違うのかもです。

 

本当に困っているのは誰なんだろう・・・

募金や復興の番組を見るとうんざりするという現地の人がいます。もういいんじゃない?って感じなのが正直なとこだそう 😥

 

たしかにたくさんのお金を貰って豪遊しているような所が見えちゃうとそう思うかもです。賠償金を貰ってる人の中には働かない人もいるみたいだし。何もしなくてもお金が貰えるなら当然のことだけど。

 

ポイント

むやみな賠償金は人を傷つける

 

何もないってのもどうかとって感じですがいくらなんでも限度ってものがあるかもです。

 

とはいえ全員納得するなんてことは不可能です。それこそキリがなくなってしまうので 😥

 

復興に必要なこと

お金以外のことで手助けをする

 

お金も大事だけど困ってる人を直接手助けするのが1番なのかもです。まあそれができないから募金するっていう考えもアリですけどね。

 

大きなくくりではみんな震災の被害者だけど、その中でさらに被害者と加害者に分かれるなんてのは想像してなかったです。

 

以前、発展途上国へ大きなお金を募金する時は小分けにするか、現地の人達が働けるように工夫してお金を使う。だからたくさんのお金を募金してもすぐには良くならない。っていう話を聞いたことがありました。

 

なんだかすごく納得しました。お金は大事だけどあれば良いってもんじゃないなーって 😥

 

では、今回はこの辺で。

こちらもCHECK

福島第2原発があった富岡町の現在の様子【わさつん旅日記1】

続きを見る

-わさつんのひとり言

© 2022 わさつん