アニメ名言

届けたい想いがある!「四月は君の嘘」名言集【公生とかをりの感情を揺さぶる言葉たち】

四月は君の嘘の名言
悩んでる人
「四月は君の嘘」の名言をたくさん知りたいな……

このようなことにお答えします。

こんな人におすすめの記事

  • 「四月は君の嘘」の名言をたくさん読みたい
  • 背中を押してもらえる言葉をかけてもらいたい
  • 悩み解決のヒントを探してる

「四月は君の嘘」には感情を揺さぶる名言がたくさん出てきます

中には、背中を押してもらえる言葉や迷ったときに役立つ言葉もあるので、感動するだけではなく悩みを解決できるかもしれません。

アニメを観てなくても考えさせられる言葉がたくさん!
わさつん

そこでこの記事では、「四月は君の嘘」で「有馬 公生」や「宮園 かをり」が発した名言を150種類ほど拾ってみました

また、「澤部 椿」「渡 亮太」など周囲の友人たちの名言や、「宮園 かをりからの手紙」も紹介してるので、アニメを思い出しながら読んでみるのもアリですよ

ネタバレになるような名言もあるから、原作やアニメを楽しみにしてる人は要注意!
わさつん

この記事の内容

  • 【モノトーン&カラフル】「有馬 公生」の苦しみと喜びが入り混じった名言
  • 【前進あるのみ!】「宮園 かをり」の元気と勇気がもらえる名言
  • 【真っすぐ&もどかしい】「澤部 椿」「渡 亮太」の優しさに溢れた名言
  • 【本質を見抜く!】「柏木 奈緒」の心に突き刺さる名言
  • 【気付き&期待】公生を支える周囲の人やライバルたちの名言
  • 【ネタバレ注意!】「宮園 かをり」からの手紙

【モノトーン&カラフル】「有馬 公生」の苦しみと喜びが入り混じった名言

有馬公生「四月は君の嘘」公式サイト

椿の目にはきっと風景がカラフルに見えてるんだろうな。僕とは違う……

#1 有馬 公生

周りの人が輝いて見えることってけっこうあるかも……

ピアノは嫌いだ。それでもしがみついているのは、きっと僕には何もないから……ピアノを除けば僕は空っぽで、不細工な余韻しか残らない……

#1 有馬 公生

嫌いでも辞められないときもあります……たぶんですけど。

暴力上等、性格最低、印象最悪、でも……彼女は美しい。

#2 有馬 公生

自分の意志で動いてる人を見ると、こんな風に思えるのかもしれません。

まるで映画のワンシーンのようだ。ぼくは友人A役だったけど……

#2 有馬 公生

脇役に感じるときもありますよね……ないかな?

もう一度……会いたいけど、会いたくない。こういう感情を何て言ったかな……こういう気持ちを何て言ったかな……

#2 有馬 公生

なんて言うんでしょうね。悪いことではなさそうですが。

僕はまた……理由を探してる。

#3 有馬 公生

理由なく動くのは難しい!

渡の言うとおりだ……無理かどうかは女の子が教えてくれるさ。

#3 有馬 公生

らしいです(笑)。

みんな勝手なことばかり……ぼくがたった一人、母さんの味方なんだ。

#4 有馬 公生

人には理解されないことってありますよね……

暗い海の底にいるように何も聞こえない……誰もいない、暗い、暗い、暗い……ぼくは暗い海の底で独りぼっちになる……

#4 有馬 公生

できれば経験したくないですね……

ぼくの心を見透かしたように……君はいつも突然……現れる。

#5 有馬 公生

ドキっとしそうです。

君の言うことすること、全てキラキラ輝いていて、ぼくは眩し過ぎて目をつぶってしまう……でも憧れずにはいられない。

#5 有馬 公生

眩しい人を見ると羨ましくなりますね。

苦しそうかぁ……困ったな。苦しいのは当たり前なんだけどなぁ。ぼくは海図のない航路を行くんだろ?挑戦するのも生み出すのも苦しいよ。でも充実してる。だからありがとう。

#6 有馬 公生

挑戦してるときって意外と楽しいのかも!

僕は完璧を超えるんだ。君のように。

#6 有馬 公生

完璧って難しいですね……

無理無理、全部お見通し。だからぼくには我慢なんかしなくていいんだからね。

#6 有馬 公生

こんな風に言ってもらえると勇気が出そうです。

君は時々すごくいいことを言う。

#7 有馬 公生

時々ってのがまたいいのかも!

悩んで、迷って、苦しんで……たどり着いた答えは笑っちゃうぐらシンプルで……

#7 有馬 公生

答えは割と簡単なんでしょうね、難しいことほど。たぶんですねど……

ぼくが言われた通り弾けないから、お母さんは怒って体を壊しちゃったんだ……だからぼくが1位をとってお母さんを元気にするんだ。

#9 有馬 公生

知らない間に責任を感じてる子供もいるのかもしれません。

ぼくは喜んでほしかっただけなんだ……椿や渡と遊びたくても我慢して我慢して練習したのに……お母さんに元気になってほしかっただけなのに……それなのに……お前なんか死んじゃえばいいんだ!

#9 有馬 公生

愛情も一歩間違えると傷つけるだけになりそうです……

ひどいでしょ?お母さんが死んだのに、ぼくは数日後のコンクールの心配をしてる。ほんとにひどい。

#9 有馬 公生

悲しみ=動けないってわけはないのかも。

コンクールに出れば何かが変わると思っていた……でも、僕は僕のまま……何も変わらない。

#10 有馬 公生

「これをやれば変われるかも」って期待するときありますよね。

容赦のない人だ。何を見ても君を思い出す。本当に容赦のない人だ。ぼくの中にいる君ですら……諦めることを許してくれない。あのとき君は何のためにバイオリンを弾いたのかな……

#10 有馬 公生

きっと弾きたい理由があったんでしょうね。

ああ……そうだ……ぼくは君のために弾こう。

#10 有馬 公生

誰かのためにって心から思えれば景色が変わるのかも!

一人で見た空は飲み込まれそうで怖かった。渡と見た星空は移り気で、椿と見た星空は底抜けに輝いて、どこか不安げで。君と見る星空はどんなだろう。

#10 有馬 公生

隣にいる人によって違う風景になるって素敵です。できればキレイな風景がいいかな……

ぼくはたった一人でいいや。君だけでいいや。ありがとう、ありがとう、ありがとう、ありがとう、ありがとう!

#10 有馬 公生

一人だけのほうが幸せなのかもしれません。

そうかめちゃくちゃだったか……じゃあまた不細工な演奏しちゃったんだな。でも手抜きなんかしてないよ。ぶっ倒れるまで練習した、精いっぱいやった。それでも不細工な演奏なんだとしたら、それは……今のぼくだ。今のありったけのぼくだ。

#11 有馬 公生

自分を受け止められる人はすごい!

4月のある日、変なバイオリニストに出会ったんです……傍若無人、唯我独尊、でも好きな人に見せる笑顔は天使のよう。蹴られ、殴られ、引きずりあげられた舞台には、慣れ親しんだ舞台には、僕の知らない光景があった。ぼくはもう一度その光景を体験したい。だからぼくは思ったんです……変なピアニストになりたいなって。

#11 有馬 公生

良い意味で自分が知らない世界を教えてくれる人は貴重です。

ぼくは旅をする。降り注ぐ拍手、自分の音楽が届いたあの瞬間を追い求めて、その後ろ姿を追い求めて、いつかきっと肩を並べられるその日が来るまで。

#11 有馬 公生

目標があるって楽しそう!

たわいもない会話、よくある風景、それでもよく覚えているのはたぶん……きっと……夏の夜のせいだ

#12 有馬 公生

たぶん違うと思います(笑)。

もしかしたら暗い海の底にも光は差すのかもしれない

#12 有馬 公生

たまには上を見上げてみよう!

演奏前にお騒がせしてすみませんでした。プログラムどおり、中学生の部のトリは三池さんでお願いします。ただ……今日の主役の座はぼくらがもらいます。

#12 有馬 公生

こんなこと言ってみたい!

証明してやる、ぼくはすごい。ぼくを伴奏者に据える宮園かをりは……もっとすごい!

#13 有馬 公生

自分に自信が持てれば人のすごさも証明できるのかも。

音楽準備室に来れば会えると思ったんだけど、連絡の取りようがないよ……電話番号もメアドも知らない、ぼくは君のこと何も知らないんだな……

#14 有馬 公生

近くにいるけど何も知らないってことありますよね。

いてもいなくても一緒なら……一緒にいるよ。そばにいるよ。

#15 有馬 公生

どちらでも変わらないというのは悪いことじゃないみたいです。

別に優しくなんてしてないよ。いつも通りだよ。

#15 有馬 公生

普段、気付けないことってけっこうありますよね。

少し離れると途端に会いづらくなる。音楽室で会えるのが当たり前だったのに……今は君に会う理由や、会いたくない理由を探している。

#15 有馬 公生

当たり前って大事!

君は猫のようだ。ぼくが近づけばぷいっと遠くへいってしまう。傷つけばその痛みを分かち合うように、じゃれてくる。だから、こんなにも愛おしい。

#15 有馬 公生

掴めないぐらいがちょうどいい。

夜に食べるカヌレは、ほろ苦くて、優しい味がする。

#15 有馬 公生

夜だからではないような……

楽譜は神じゃないよ、完璧でもない、人間が生み落としたとても感情的なものだ。

#16 有馬 公生

他のこともそうなのかもしれません。

肌寒いせいかな、交わす言葉が温かい、余計に君を近くに感じる。渡の代役でも何でもいい。ずっとこのまま……

#16 有馬 公生

代役という名の主役になりたいときもあります。

ぼくはその涙の訳を聞けなかった……

#16 有馬 公生

聞けないではなく聞きたくないだけなのかも……

その人はね、ジェットコースターみたいな人なんだ。泣いたり笑ったり、ぼくは振り回されてばかり。その人がいるだけで、モノトーンだった世界がカラフルになるような、とてもまぶしくて、とても強い人なんだ。

#16 有馬 公生

たまには振り回されてみよう!

椿に相談したって女の子の機微は分からないだろ?

#16 有馬 公生

キツイ一言ですね……

誰かのために演奏するのは、思ったより大切なことだよ。

#17 有馬 公生

分かる気はしますが、誰かのためにって難しいですよね。

たくさんの人と音を共有できたとき、たくさんの人に音が届いたとき、心を重ねたとき、音楽は言葉を超えるのかもしれない。

#17 有馬 公生

音楽には不思議な力があるのかもしれません。

悔しい、悔しい、それにただ悲しい……君はぼくにたくさんのものをくれたのに、ぼくは君に何もしてあげられないの?

#17 有馬 公生

もらった人にほどお返しするのは難しい……

たった13年でも、君や君を見てきた人たちにとって、掛け替えのない13年だ。信じよう、音楽に傾けた時間を。

#17 有馬 公生

何かをやるときに年数は関係ありません。

椿はゴリラじゃないよ、椿は女の子だよ。

#20 有馬 公生

優しい!

友達を好きな女の子、ぼくは盗撮魔で代役で荷物持ちで、ピアニストで伴奏者で、ぼくは渡じゃない……

#20 有馬 公生

人と比べちゃうときってありますよね……

ぼく何も言えなくて、お母さんが捨てにいくの分かってたのに、チェルシーは生きていれたかもしれないのに。みんなの言うとおりだ、ぼくはお母さんがつくった心のない人形なんだ!

#20 有馬 公生

心があるから後悔はできるんだと思います。

定期連絡って呼び出しといて、来る暇あったら練習しろって言うんだ。矛盾だよ……

#20 有馬 公生

たまに分けわからんことを言う人っていますよね。

水道水がレモネードだったら風邪は絶滅だ。

#20 有馬 公生

レモネード最強説!

暇とかじゃないよ。君に会いたいんだ。いけない?

#20 有馬 公生

いいと思います!

鉄の塊が流れ星のよう、君と同じ空を見ているだけで、見慣れた風景が違って見える。君のちょっとした仕草に一喜一憂、ぼくの心はメロディーを奏でだす。こういう感情をなんて呼んだかな、こういう気持ちを何ていったかな、これはたぶん恋と呼ぶんだ。これはきっと恋っていうんだ。

#20 有馬 公生

景色が変わったときは恋をしてるのかも。

ぼくはいつも渡と比べて落ち込んでしまう。

#20 有馬 公生

できる人を見ると落ち込みますよね……

ねえ渡……ぼくは、宮園さんがとても好きだよ。

#20 有馬 公生

これに対して「バカ知ってるよ。」と返した渡はやっぱりカッコイイ!

どこかで安心してた、もう平気なんだって、病気なんて蹴散らしちゃう強い人なんだって、今がずっと続くんだって。ぬいぐるみが好きで、甘い物が好き。か弱い、君は普通の女の子なのに……ぼくはバカだ。

#21 有馬 公生

何もない日常こそが幸せなのかも。

大切な人は、ぼくの前から去っていく……音楽は大切な人を連れ去っていく……ぼくは独りぼっちになる。

#21 有馬 公生

自分が一生懸命にやることで人がいなくなってしまうのは悲しいです……

ぼくらは誰かと出会った瞬間から、一人ではいられないんだ。ぼくらはつながっている。

#22 有馬 公生

一人になるのは案外難しいのかもしれません。

君は自分勝手だ……お礼を言うのはぼくなのに。

#22 有馬 公生

お礼を言いたい相手ほど言えない!

もうすぐ春が来る。君と出会った春が来る。君がいない……春が来る。

#22 有馬 公生

出会いを大切にしよう!

▼「俺ガイル」の名言をまとめた記事

比企谷八幡と雪ノ下雪乃と奉仕部
【感動&爆笑】「俺ガイル」名言集!八幡や平塚の心をゆさぶる言葉たち

続きを見る

【前進あるのみ!】「宮園 かをり」の元気と勇気がもらえる名言

宮園かをり「四月は君の嘘」公式サイト

君は弾けないんじゃない……弾かないんだ。「ピアノの音が聞こえない」それを言い訳に逃げ込んでるだけじゃない。

#3 宮園 かをり

できないとやらないは違うのかも。

私がいるじゃん!君が音が聞こえないのもピアノを弾いてないのも知ってる。全部知ってる……でも君がいいの。君の言うとおり満足のいく演奏はできないかもしれない。でも弾くの。弾ける機会と聞いてくれる人がいるなら。私は全力で弾く。聞いてくれた人が私を忘れないように……その人の心にずっと住めるように。それが私のあるべき理由。私は演奏家だもの……君と同じ。だからお願いします。私の伴奏をしてください!私をちょっぴり支えてください……くじけそうになる私を支えてください。

#3 宮園 かをり

強そうに見える人も不安を抱えてるんですね。

平気!平気!何とかなるって!私たち最強だもん!

#3 宮園 かをり

こんなこと言ってみたい!

私を見て。顔を上げて私を見て。下ばかり向いてるから五線譜の檻に閉じ込められちゃうんだ。大丈夫……君ならできるよ。

#4 宮園 かをり

たまには上を向いてみよう!

旅の恥はかき捨て!思いっきり恥かこうよ!2人で!

#4 宮園 かをり

周りを気にしないときも必要!

違うよ……音楽が自由なんだよ!

#4 宮園 かをり

何事も思ってるほどの決まりはないのかも。

大丈夫。私たちならできる。弾かなきゃ駄目なの。でも君がいいの。私は全力で弾く。聴いてくれた人が私を忘れないように。私は演奏家だもの。アゲイン!

#4 宮園 かをり

何度でも挑戦あるのみ!

この先は暗い夜道だけかも知れない。それでも信じて進むんだ。星がその道を少しでも照らしてくれるのを。さあ旅に出よう!

#4 宮園 かをり

先が見えないのは不安かもですが、悪い結果になるとは限りませんよね。

前代未聞、ハプニング満載。でもここにいる人たちは、私たちのことを忘れないでいてくれる。私忘れない。死んでも忘れない。ありがとう。君のおかげ君が伴奏を弾いてくれたから。君がピアノを弾いてくれたから。

#5 宮園 かをり

一生懸命やればハプニングも良い思い出!

また下ばかり見てる。みんな怖いよ、舞台に上がるのは。失敗するかも、全否定されちゃうかもしれない。それでも歯を食いしばって舞台に上がる。何かに突き動かされて私たちは演奏するんだ。

#5 宮園 かをり

みんなの前で何をやれる人はすごい!

そんな演奏家たくさんいるよ絶対!「やってられるか」「お前が弾け」って。それでもまた拾い上げて楽譜に向かう。そうして最も美しい嘘が生まれる!

#5 宮園 かをり

みんな完璧じゃないんですね。

覚悟を決めろ!これは挑戦よ!音が聞こえなくても弾けるってことを証明するのだ!海図をない海を帆走するには勇気がいるのよ!

#6 宮園 かをり

背中を押してもらえる一言!

今、有馬君はその苦しみを音にしようとしてる。痛みも苦しみもあがいた自分さえもさらけ出して、音に自分が宿る……そうやって私たちは生きた音を奏でる。

#6 宮園 かをり

良く見えることにはその人の思いが詰まっているのかもしれません。

音が聞こえなくなってピアノを捨てようとする君。ピアノをよりどころとする君。だから目を背けるように、ほこりや本で覆い隠そうとしている。いとしいけれど近づけない。恋しいけど触れられない。悲しいのに、痛いのに、私はそれに気づかないフリ……「ピアノを弾いて」「頑張って」なんて無責任なことばかり……私のせいで苦しんでる……ごめんね。

#6 宮園 かをり

「頑張って」という言葉を聞きたくときもありますよね。

引きこもってたら息詰まっちゃうよ。演奏家は空を見る時間が必要なの!

#6 宮園 かをり

たまには外を見てみよう!演奏家じゃなくても……

卵サンドが好き。モーモー印の牛乳も好き。意外にも甘い物も好き。運動は苦手。椿ちゃんに頭が上がらなくて、モテる渡くんがちょっとうらやましい。君はお母さんの影なんかじゃないよ。君は君だよ。君らしく……なんて曖昧なものじゃない。何やったって、変わったって関係ない。君はどうせ君だよ。

#7 宮園 かをり

どうやっても自分以外にはなれないんですね。

譜面どおり作曲者の指示どおり弾く……これってすごいことなんだ。コンクールとしてはそこで評価するしかないんだけど……譜面に忠実に弾くだけで優勝を奪ってしまう、評価を上げてしまう。それを快く思わないのよ……特に音楽に何かを求める若い世代は。

#7 宮園 かをり

枠からはみ出したい気持ちはなんとなく分かるような……

課題曲なんてどうでもよかったの……コンクールに出てくれれば。ほんとうにどうでもよかった……

#9 宮園 かをり

目的は人それぞれ。

「ぼくがいつも側にいて助けてあげられるとは限らないんだよ」チャーリーブラウン。

#11 宮園 かをり

側に誰かがいるってありがたいことなのかも……

君がそんなに嫌がるの何でかな……楽譜はあんなに愛にあふれていたのに……

#12 宮園 かをり

人によって感じ方は違います。

君は忘れるの?学校を探検した女の子を、一緒に迷子を助けた女の子を、病院を抜け出して待ってた女の子を、君は忘れるの?

#16 宮園 かをり

忘れられるのって怖いですよね……

無駄な一日なんかじゃないよ。このまま時間が止まっちゃえって思うくらい、すてきな一日だった。ありがとう。お買い物して、夜の学校を探検して、男の子に送ってもらう帰り道は、こんなに星がキラキラしてるんだね。

#16 宮園 かをり

無駄な日なんてないのかもしれません。気付きにくいけど。

あなたって本当に変な人。病院にお見舞いに来たのに、ずーっと黙り込んでいるんですもの……

#16 宮園 かをり

言葉に詰まるときってありますよね。

ごめんね、思い出したくないこと思い出させちゃって。こんななら会わなきゃよかったね。

#17 宮園 かをり

これを言うのも辛い……

昔に戻るだけだよ。忘れちゃえばいいんだよ。リセットボタン押すみたいにポチっと、ポチポチっと。そしたら心が軽くなる、覚えてたって意味ないもん、弓を持てないヴァイオリニストなんて……意味ないもの。

#17 宮園 かをり

そんな簡単に忘れることなんてできませんよね……

残酷な男の子、私にもう一度夢を見ろと言う。夢が叶ったからもういいって思ってたのに、諦めてたのに、君はまた、枯れた心に水をくれるのね……欲張りな私は、また夢を見ちゃうよ。

#18 宮園 かをり

夢はたくさんあっても良いと思います。

みっともなくても、悪あがきでも、あがいて……あがいて、あがいて、あがきまくってやる。

#19 宮園 かをり

みっともなくありません!

私の人生だもの。このまま諦めてたら、私がかわいそう。

#19 宮園 かをり

たしかにそうですね……

私がぶざまにあがくのも、生きることに執着するのも、君のせい。君が私に、君といる時間への未練をくれた。

#21 宮園 かをり

誰かがいると強くなれるのかもしれません。

私の中に君はいるよ、有馬公生くん。卵サンドが好き、モーモー印の牛乳が好き、あと何が好き?好きな昆虫は?何を集めてた?好きだったアニメは?知らないことたくさんある……何でも知ってる椿ちゃんがうらやましい。君のことたくさん知りたい……怖いよ……怖いよ、怖いよ、私を一人にしないで!

#21 宮園 かをり

一人でいると急に寂しくなったり怖くなったりすることってありますよね……ないかな?

▼「よりもい」の名言をまとめた記事

宇宙よりも遠い場所の名言
勇気がもらえる!「よりもい」名言集【報瀬やキマリの心を揺さぶる言葉たち】

続きを見る

【真っすぐ&もどかしい】「澤部 椿」「渡 亮太」の優しさに溢れた名言

澤部椿「四月は君の嘘」公式サイト

優しい奴は損するって決まってんだ。

#1 渡 亮太

分かる気がします。

美和が言ってたよ~好きな人がいると全部がカラフルに見えるって。

#1 澤部 椿

素敵ですね。

バイトなんて他にいくらでもあるじゃない。私には……必死にしがみついているように見えるよ……

#1 澤部 椿

続ける理由がほしいときもあるんでしょうね。

心惹かれる子に好きな人がいるのは当然。恋をしているからその子は輝くんだよ。だから人は理不尽に恋に落ちるんだ。

#2 渡 亮太

なるほど!

時間って止まるのね……だからピアノを弾いてほしい。きっと何かが変わるはずだから。

#3 澤部 椿

止まるときより止まっている人を見るほうが辛いのかも……

野球部の元キャプテン……カッコよくて頼りがいがあって、女子生徒の憧れだった。私もそうだった。結局何も言えず、その恋は卒業式の雪とともに溶けて終わった……そういう恋だと思ってた。うれしい、とてもうれしい。なのに、どうして心がキラキラしないんだろう……きっと卒業のころなら冬の星座みたいにキラキラしていたのに……

#5 澤部 椿

キラキラしない理由がありそうです。

ピアノは弾いてほしい。でも苦しんではほしくない……

#6 澤部 椿

近しい人が苦しむ姿は見たくありません。

私たちに私はいない……

#6 澤部 椿

自覚してしまうと寂しくなる……

いつも一緒、いつも側にいた……うれしいときも、悲しいときも。でも、いつの間にか遠くにいる。私は側にいない。他の誰かがいる……やだよ、私を見て、私を見てよ!そんな目で誰かを見ないで!

#6 澤部 椿

いつも一緒にいる人って思ってるより大事なのかもしれません。

音楽が何よ、言葉が何よ。私たちには一緒にいた長い長い時間があって、ちっぽけで大切な思い出がたくさんある。

#6 澤部 椿

時間と思い出は大切!

負けてくやしいのに、落ち込んでるのに、足が痛いのに、目が涙でぐしょぐしょなのに、最悪なのに、どうして星がこんなにキラキラしてるんだろう。髪から音楽室のニオイ、少し荒い息遣いが聞こえる……涙で濡れた肩口が温かい……私はそばにいる。このまま時間が止まればいいのに……

#6 澤部 椿

嫌な気持ちよりうれしい気持ちのほうが強いのかな……?

スターになり損ねちまった。あとはお前に任せるわ!

#6 渡 亮太

サラっと言ってみたい言葉です!

スーパースターに挫折は付き物さ。逆境でこそそいつが本物かどうか分かる。だってよ、星は夜輝くんだぜ!

#10 渡 亮太

たしかにそうですね。

あれ?あれれ?変なの、こらえてないと涙が出そう……涙?公生といつもどおり話せてほっとした涙?公生といつもどおり話せて残念な涙?

#13 澤部 椿

人の感情は複雑です……

人から違うでしょって言われるとふてくされて意固地になって、ややこしくなるに決まってるんだから。公生のことに関しては特にね。ぼろぼろになろうとなんだろうと椿が気づくしかねぇよ。そばにいる男は弟なんかじゃないってことを。

#14 渡 亮太

大事なことほど人から教えてもらえないんですね……

変だな、不意に目が合うと心臓がびっくりする。きっと夏が終わるせいだ。

#14 澤部 椿

違うと思いますよ。たぶん。

あんたと話すと悲しかったり安心したり、ぐちゃぐちゃな私がバカみたいじゃない……

#15 澤部 椿

そんなことありません。

告られて、浮かれて、意固地になって、愛想尽かされて、その人……傷つけちゃった。私バカだから自分のこと何にも知らなかった。

#15 澤部 椿

自分のことほどよく分かっていないのかも……

気付かずにいたかった、今がずっと続けばいいって思ってたから。でも……時間は流れる。

#15 澤部 椿

いつかは終わりが来ちゃうんですね。

渡も公生も、怖くたって、苦しくたって、先が見えなくたって、何かを求め、一歩一歩踏みしめ、自分を奮い立たせながら触発し合いながら、支え合いながら進もうとしている。私だけ踏み出せないでいる。時間が止まっているのは私だ……

#15 澤部 椿

周りが進んでいると急に不安になります……

つらいときも、悲しいときも、いつもそばにいた。弟じゃない男の子。嘘つき、私から離れていくくせに。遅いかもしれないけど諦めたくない。内野手だけど、がさつだけど、ピアノのことなんて分かんないけど、この人のそばにいたい。

#15 澤部 椿

側にいたいという気持ちが大事!

音楽なんて大嫌い。いつも公生を遠くに連れていく。

#15 澤部 椿

難しい問題ですね……

だから優しくしないで、優しく寄り添わないで、進め、踏み出せ、私、私の時間……動け!

#15 澤部 椿

優しくされると辛くなります。

ホントはね、行かないでほしいなって思うの。不安だし、イライラする。嫌味とか言いたくなるし。そんな私を見せたくないから精いっぱいカッコつけてるの。私ってこんな嫌な女だったかな……

#17 澤部 椿

言いたいけど言いたくないって辛いですよね……

行かないって言ったとき、ほっとした自分がいる。罪悪感でいっぱい。

#17 澤部 椿

自分にとっては良くても相手にとっては良くないからかな?

幾つもの知らない自分を発見して、幾つもの知らない自分と向き合う。それもたぶん、恋をするってことなのかな……

#17 澤部 椿

知らない自分を発見できるのは素晴らしい!

そりゃあ、おれなんかで良けりゃさ、何だってするよ。好きな子のためなら泥水だってすするぞ、ズズズッとな。でもよ、かをりちゃんはたぶんおれじゃ駄目なんだよ、わがまま言うのも頼られるのも、彼女が何かしてほしいっていうのは、決まってお前だよ、公生。

#17 渡 亮太

これを言えるのはすごい!

近くにいれるのは今だけかも……

#19 澤部 椿

なんだか切なくなります……

耳に残るはさみの音、少し硬い髪、ほんのちょっとした風景が通り過ぎていく。その時期が、公生にとっても大切なものであってくれたなら、私はうれしいな。

#19 澤部 椿

 

何気ない日常って意外と貴重なのかも。

公生にはちゃんと心がある。ただ隠すのが上手になっただけ、自分でも見つけられないくらいに。だから私が見つけてあげる!迷わないように、後悔しないように、ずっとそばにいてあげる。公生のことなんて何でも知ってるんだから!

#20 澤部 椿

こんなことを言ってくれる人がいたら心強いですね。

違うよ!公生は嫌なんだ!かをちゃんと渡が笑ってるのが、見てるのが辛いんだ!だから避けるんだ……

#20 澤部 椿

気になる人が他の人と仲良くしてるのを見るのは辛いですよね……

君が私のそばに居たように、私は君のそばに居たんだよ。公生のことなんてすぐ分かる……

#20 澤部 椿

近くにいる人には分かっちゃうみたいです。

バッカじゃないの?かをちゃんは渡が好きなの。あんたは……私と恋するしかないの!

#20 澤部 椿

これを言えるのはすごい!

どうだ、思い知ったかざまあみろ。踏み出してやったぞ、女の子として意識させてやったぞ。私はいっぱい苦しんだんだ、あんたも苦しめ。苦しんで苦しんで私のこといっぱい考えろ。やっと始まったんだ、でもどうなっちゃうんだろう……心臓が飛び出そう。冬の雨が気持ちいい、レモネードの味がする……私の時間は、動き出したばかりだ。

#20 澤部 椿

想いを伝えるには勇気が必要みたいです……

もっと私のこと考えろバカ公生。届け……届け私の打球。

#20 澤部 椿

届いてほしい!

一人になんてなれると思うなよ公生!背後霊みたくずっーとずっーとそばにいてやるんだからな!覚悟しとけ!

#22 澤部 椿

さすがです!

▼「俺物語!!」の名言をまとめた記事

俺物語!!名言
心が洗われる!「俺物語!!」名言集【猛男と砂川の心を揺さぶる言葉たち】

続きを見る

【本質を見抜く!】「柏木 奈緒」の心に突き刺さる名言

柏木奈緒「四月は君の嘘」公式サイト

また弟?あんたは弟、弟って呪文を唱えて暗示をかけてるの。そうしないと怖いんだ。今の居心地のいい関係が壊れてしまうから。

#14 柏木 奈緒

言い訳したいときってありますよね……

たいてい手遅れになってから気づくもんだよね……

#14 柏木 奈緒

たしかに!なんででしょうね……?

バカじゃないの?そういう問題は心を使うもんよ。

#14 柏木 奈緒

難しい問題でも心を使えば解決するかも!

好きと嫌いじゃないの間には何億光年もの距離があるのよ。あんたが素直になって自覚しないとそのうち傷つく人がでるよ。

#14 柏木 奈緒

なんだか分かるような気がします……

迷いが表に出る性質なのよね、わかりやすい奴。

#15 柏木 奈緒

わかりやすいほうが良いときもある!

音楽に嫉妬してないで、応援してあげたら?受験失敗して海外に行っちゃうよりいいでしょ?

#19 柏木 奈緒

そうは言っても難しいですよね……

バカ椿。あんたバカなんだから、ない頭使ってもしょうがないでしょ、筋肉脳が。たぶん特別なことなんて必要ないのよ、いつもどおりでいいんだよ、きっと。こういうときは頭に聞かないで心に聞くもんよ。

#22 柏木 奈緒

苦手なことを考えるのはやめましょう。

▼「アオハライド」の名言をまとめた記事

アオハライド
アニメ「アオハライド」2期放送の可能性は低め【TV未放送の0話と13話がある】

続きを見る

【気付き&期待】公生を支える周囲の人やライバルたちの名言

瀬戸紘子「四月は君の嘘」公式サイト

ふーん。人工と天然……ずいぶんとミスマッチなカップルだ。

#4 審査員

どんな世界になるんでしょうね。

そんなに乱暴に弾いちゃだめよ。ピアノはあなたなの。優しく触れれば笑ってくれる。強くたたけば怒り出す。赤ちゃんの頭を撫でるように。さぁもう一度。

#4 有馬 早希

こんな風に言われたら優しくなれそうです。

あいつは興味ないのよ。他の人にも私たちにも、たぶん自分にも……

#7 井川 映見

違う世界がある人っていますよね……

今度は出るかもしれません。バカなことだって分かってます。でもおれの目標は、海外でもショパンコンクールでもありません。おれの目標は有馬公生です。あいつの出るコンクールです!

#8 相座 武士

目標は人それぞれ!

女は好戦的な生き物なの。お分かり?坊や。

#8 落合 由里子

覚えておきます(笑)!

どきどきが止まらなくて、涙が込み上げて、感情が一気に溢れ出したんです……ただただ感動したんです。

#8 井川 映見

体験してみたい!

腕試しに出してみたコンクールで素晴らしい演奏をした息子に夢を見た。自分の叶えられなかった夢を……

#8 落合 由里子

親とは自分の子供に期待したくなるものなんですね……

その日曜日、私は……ジャングルジムの上、ピアニストになる未来を選択した……無限の可能性を捨てて選択したんだ。

#9 井川 映見

何かを得るには何かを捨てる覚悟が必要みたいです……

音が聞こえないのはホント?だってこれは苦しみにあふれている音だ。

#10 井川 映見

 

楽器にも気持ちが宿るのかな?

ピアノはあなた自身よ。たたいてもたたいても答えてはくれないでしょ?孤独なのは……独りぼっちなのは……あなたの罰。

#10 有馬 早希

これはキツイ一言ですね……

もう年かしらね。いちずな思いを聞かされると切なくなる。

#10 落合 由里子

年を重ねるのも悪くないかも。

まったく……後悔なんてみじんもない顔だ。

#10 高柳 明

やりきれればこんな顔ができるのかもしれません。

操り人形が糸を断って自立し始めた。もっとも突然手に入れた感情を持て余し気味だけどね。

#10 落合 由里子

進み始めたときに感じる不安は自立にこれが原因なのかも!

無駄よ、嘘ついても。ピアノが歌ってたじゃん。君が好きですって。

#11 瀬戸 紘子

ピアノを弾くと気持ちがばれちゃうんですね。

音が聞こえないってことは、聴覚的な音に束縛されないってことじゃないかな。自分の中にあるイメージ、自分の奥底から湧き上がる音を、知らず知らずのうちに優先させているのよ。自分の中の音、心象風景、願いや思いを込めた音を感じる瞬間はなかった?音が聞こえなくなる……きっとそれは贈り物だよ。目を閉じて耳をふさいで今は心のままに弾きなさい。あんたにはじゅうぶん技術がある。自分の中にある音、イメージする音をトレースする技術。それは早希があんたに残した思い出。

#12 瀬戸 紘子

できなくなる=悪いというわけじゃないみたいです。

けんかじゃないわ、これは戦争よ!謝ったら金輪際おしまいなの!

#13 瀬戸 紘子

そうですね(笑)。

早希を失った公生は、掛け替えのない誰かと出会ったのね。公生が信じてるのにピアニストの私が、音楽の力を信じないわけにはいかないじゃない。

#13 瀬戸 紘子

人を救えるのは人だけなのかな……

ひどい母親……あの子に何にも残してあげられない。毎朝歯磨きできるかしら、どこでも寝ちゃうから風邪ひかないかしら、運動が苦手だから、大ケガしないかしら、もっとそばにいてあげたかった……私の宝物、幸せになれるかしら……

#13 有馬 早希

気持ちは伝わりますよ!きっと!

ぼくはあそこまで精いっぱいやっただろうか、あそこまで真摯に向き合っただろうか、ぼくもあそこまで身も心も捧げてみたい、燃焼してみたい!

#13 三池 俊也

やりきった姿って素敵ですよね。

悲しみが成長させる……公生が進むのなら、失って進むのかもしれない……

#13 瀬戸 紘子

分かるような気もするけど辛い……

澤部、おれのとなりは居心地悪そうだから……いつも困ったみたいに笑うもんな……おれらはさ、自分と反対の人がいいんだよ。きっと。しんみりしたの柄じゃないしさ、らしく別れようぜ。

#15 斉藤

言うほうも勇気が入りそう……

敵?あんた敵なの?音楽の道を共に歩む者じゃないの?

#16 瀬戸 紘子

同じことをやってる人は良くも悪くも仲間なのかも。

追いかけな。あんたの役目よ。公生。

#16 瀬戸 紘子

その人じゃなきゃダメなことってありますよね。

愛より友情ですか?陳腐です。

#16 相座 凪

価値観は人それぞれ!

崇高な犠牲、見返りを求めぬ愛、我はファントム。オペラ座に潜む怪人。

#16 相座 凪

どんな気持ちなんだろう……

べ…別に心配なんて……バカじゃないの?敵が貧弱だとつまんないだけよ。

#17 相座 凪

優しさのある強がりはうれしいですね。

私はなんて言ったらいい?頑張って、負けないでなんて無責任な言葉だ……だからありがとうなんて言わないで。何もできなかった私の身勝手な代償行為、単なる自己満足、醜いファントム……

#17 相座 凪

頑張ってという言葉を使うときは気を付けたほうがいいかも。

その先にね、チャラになる瞬間がある。悩んで、わめいて、苦しんで、もがき続けた数カ月、何もかも報われる瞬間がある。私たちはその瞬間に取りつかれた、どうしようもない生き物なのかもしれないね。

#17 瀬戸 紘子

どんなときでも頑張れる人は、この瞬間を知ってるのかもしれません。

あんたの居場所はトイレじゃないわ。舞台に立つのが怖いのは、あんたが一生懸命練習したから、身も心もピアノに傾けたからだからさらけ出すのが怖いのよ。

#17 瀬戸 紘子

怖くなるのは頑張った証拠!

あんたのことを覚悟のない臆病者なんて言うやつがいたら、私がぶっ殺してやるわ、ない胸張りなさい。あんたは有馬公生の弟子だよ。

#17 瀬戸 紘子

カッコいいです!

決着つけようよ。舞台の上で!

#17 瀬戸 紘子

戦う場所は決まってるんですね。

あなたも追い詰められていたの?あなたも怖いの?私と同じ?

#17 相座 凪

同じ状況になって初めて分かることもあるのかな……

2カ月前なら置いてけぼりだった、あの時間は無駄じゃなかった。ピアノに傾けた時間が生きている。

#18 相座 凪

努力は自分を裏切らない!

迷うな!悩むな!加速しろ!行動あるのみ!立ち止まるな!迷うなんて柄じゃないよ、軽やかに、跳ねるように、階段を駆け上がって、あの日のようにまた、その背中を追い掛けさせて!

#18 相座 凪

迷ったときは行動してみるのもアリですね。

私はみんなみたいにプロになる憧れも、音楽に全てを捧げる覚悟もないけど、聞いてくれる人たちがいる、聞かせたい人たちがいる、大好きな人たちがいる。だからここに居たい、それではいけないの?弾く理由なんて今はそれでいいじゃん!

#18 相座 凪

何かをやる理由なんて必要ありません。

たまらないでしょ?人が成長していくのって。

#18 瀬戸 紘子

こう思ってくれる人に教わってみたい!

有馬君はただ一生懸命だっただけだね、その一生懸命な姿がかをりの胸を打ったんだ。

#19 宮園 好是

自分が一生懸命になるだけで、誰かを救えることもあるんですね。

カッコイイ捨てゼリフでも言ってやりてえけど、何も思いつかねえわ。やっぱあれだな、おれら演奏家だからよ、ものは音楽で語らねえとな。

#19 相座 武士

いい言葉よりも行動が大事ってことかな?

今なら何となく分かる、いつだってそうだった、世界を広げてくれたのはお前だ。お前はおれの理想以上の姿で現れたんだな。おれの求める風景とお前の見たかった風景は違ったんだな。

#19 相座 武士

目指す場所は人によって違うんですね。

支え合うのは味方だけじゃない、敵から多くを学び、多くを得る。再び相まみえるその日まで……その存在だけで、孤独に耐えられる、競技者は敵同士でさえ支え合う。

#19 瀬戸 紘子

こういう関係を好敵手と呼ぶのかも。

公生の演奏はカラフルに色付いている。悲し気に色付いている。

#21 瀬戸 紘子

色というのはときに残酷です……

また一段と色っぽくなっちゃって、大人になったのね。

#22 瀬戸 紘子

人は知らない間に成長するのかもしれません。

子供は難しいわよ、かっこつけて気取ってるとあっという間に愛想つかされるわ。子供のほうにね。

#23 落合 由里子

子供って怖いですね……

なんであいつみたいに弾けねえんだ!一体どんな練習してんだ……改造されてんのかぁ?

#23 相座 武士

完璧な人を見るとこんな風に思うのかも。

ずっとずっと退屈でしんどいだけの反復練習ばっか……きっとあいつは譜面が体に染み込むまで、譜面どおりに正確に再現できるまで、何度も、何度も……

#23 相座 武士

大切なのは地道な練習ってことですね。耳が痛い……

勝ち負けじゃない……私はただ、戻ってきてほしいだけ。

#23 井川 映見

勝ち負けより大事なこともあります。

さあ……でも、ケガでピアノから離れて分かったの。私、本当にピアノを弾くのが好きになってたんだなって。

#23 井川 映見

できなくなったときに気づくことって結構ありますよね……ないかな?

▼「恋は雨上がりのように」の名言をまとめた記事

恋は雨上がりのようにの名言
哀愁たっぷり!「恋は雨上がりのように」名言集【近藤とあきらの心に響く言葉たち】

続きを見る

【ネタバレ注意!】「宮園 かをり」からの手紙

宮園かをり「四月は君の嘘」公式サイト

ガッツリネタバレしてるから読む人は要注意!
わさつん

”拝啓 有馬公生さま”

さっきまで一緒にいた人に手紙を書くのは変な感じです。
君はひどい奴です。ぐず、のろま、あんぽんたん……
君を初めて見たのは五つのとき、当時通ってたピアノ教室の発表会でした。
ぎこちなく登場したその子は、椅子にお尻をぶつけ、笑いを誘い、大き過ぎるピアノに向かい、一音を奏でた途端、私の憧れになりました。
音は24色パレットのようにカラフルで、メロディーは踊り出す……隣の子が泣き出したのはびっくりしました。
それなのに君はピアノを辞めるんだもの……人の人生を左右しといて、ひどい奴です。
最低、のろま、あんぽんたん……同じ中学だと知ったときは舞い上がりました。
どうやれば声掛けられるのかな、購買部にサンドイッチ買いに通おうかな、でも結局眺めてるだけでした。
だってみんな仲良過ぎるんだもの、私の入るスペースはないんだもの……
子供の頃に手術をして、定期的に通院して、中1のときに倒れたのをきっかけに、入退院の繰り返し……病院で過ごす時間が長くなりました。
ほとんど学校に行けなかったな……あまり自分の体が良くないのは分かっていました。
ある夜、病院の待合室で、お父さんとお母さんが泣いているのを見て、私は長くないのだと知りました。

そのときです……私は走り出したのです!

後悔を天国に持ち込まないため、好き勝手やったりしました。
怖かったコンタクトレンズ、体重を気にしてできなかったケーキホール食い、偉そうに指図する譜面も私らしく弾いてあげた。

そして、一つだけ嘘をつきました。
宮園かをりが渡亮太くんを好きという嘘をつきました。
その嘘は、私の前に……有馬公生くん、君を連れてきてくれました!

渡くんに謝っといて。まあでも、渡くんならすぐ私のことなんか忘れちゃうかな、友達としては面白いけど、やっぱり私はいちずな人がいいな。
あと、椿ちゃんにも謝っといてください。私は通り過ぎていなくなる人間、変な禍根を残したくなかったので、椿ちゃんにはお願いできませんでした。
というか「有馬くんを紹介して」なんてストレートに頼んでも、椿ちゃんはいい返事をくれなかったと思うな。
だって椿ちゃんは君のこと大好きだったから、みんなとっくに知ってるんだから、知らなかったのは君と、椿ちゃんだけ……
私の姑息な嘘が連れてきた君は、想像と違ってました。
思ってたより暗くて卑屈で、意固地でしつこくて盗撮魔、思ってたより声が低くて、思ってたより男らしい、思ってたとおり優しい人でした。
土稜橋から飛び込んだ川は冷たくて気持ち良かったね、音楽室をのぞくまん丸の月は、おまんじゅうみたいで美味しそうだった。
競争した電車には、本気で勝てると思った。輝く星の下で2人で歌ったキラキラ星、楽しかったね、夜の学校って絶対何かあるよね、雪って桜の花びらに似てるよね、演奏家なのに舞台の外のことで心がいっぱいなのは、何かおかしいね。

忘れられない風景が、こんなささいなことなんておかしいよね。
「(公生)そんなことないよ。」

君はどうですか?私は誰かの心に住めたかな?
「(公生)そうだね。」

私は君の心に住めたかな?
「公生)土足で上がってきたよ。」

ちょっとでも、私のこと思い出してくれるかな?
「(公生)忘れたら化けて出てくるくせに。」

リセットなんか嫌だよ?
「(公生)するもんか。」

忘れないでね?
「(公生)うん。」

約束したからね?
「(公生)うん。」

やっぱり君でよかった、届くかな、届くといいな……

有馬公生くん!……君が好きです!好きです!好きです!

カヌレ、全部食べれなくてごめんね。たくさんたたいてごめんね。わがままばかりでごめんね。いっぱいいっぱい……ごめんね。ありがとう!

P.S.私の宝物を同封いたします。いらなかったら破って捨ててください。

届いてほしい!

では、今回はこの辺で。

▼「四月は君の嘘」が全話無料で視聴できるVOD

dアニメストアの公式HPへ移動する

クリックするとdアニメストアの公式ページへ移動します。
無料体験はいつ終わるかわからないのでお早目に。
*無料トライアル中に解約しても料金は掛かりません。

▼おすすめの記事

四月は君の嘘
アニメ「四月は君の嘘」2期放送の可能性は低い【TV未放送のOAD&短編集がある】

続きを見る

さくら荘のペットな彼女
アニメ「さくら荘のペットな彼女」2期放送の可能性は低い【続きはラノベで】

続きを見る

-アニメ名言
-

© 2022 わさつん